1歳・2歳の子供にマンゴーは1日何個まで与えてもいい?マンゴーの危険性

mango-fluit

マンゴーは食べ過ぎると危険?果物だから大丈夫?

うちの子供は1歳の半ばを過ぎたあたりからある種のマンゴー中毒とも言えてしまうほどマンゴーが好きでいつも欲しがっていました

 

「まあマンゴーは果物だし、お菓子を与えてるわけじゃないから食べたいだけ食べても問題ないか…」

 

でもその考え実はかなり危険なんです!

 

ではどういうことなのでしょうか?

 

今回はそのマンゴーの危険性と正しい知識を知り、1歳・2歳の子供にマンゴーはいくつ与えてもいいものなのかを見ていきたいと思います

 

 

子供に大人気!おやつの定番マンゴー

half-mango
 

子供に大人気のマンゴー

 

世の中のほとんどの子供はマンゴーが好きなのではないでしょうか

 

そのぐらいおやつの時間には必ずと言っていいほど定番の果物となっています

 

甘く柔らかいため、食べやすいことも人気の理由でしょう 

 

ですがこのマンゴー、子供に与える際に注意しておかなければならない点があります

 

まずはマンゴーの基本的な情報から注意点を洗い出してみましょう

 

マンゴーの栄養素

マンゴーの1個あたりの栄養素はどのくらいあるのでしょうか

 

表にしたものがありますのでそちらを見てみましょう

 

マンゴー画像:カロリーSlimsより

 

と、このようになっています

 

これだけ見るとたくさんの栄養素がマンゴーには含まれ、特にビタミンEや葉酸・ビタミンC・ビタミンB6・銅の含有量が多いことがわかります

 

ですが、1日に必要な量がどれだけ含まれているかがわかりにくい…

 

ですので、次に1日の摂取栄養素の目安を見てみましょう

 

 

一日の目安

では、1日の必要な栄養素はどれくらいなのか?

そしてマンゴーの1日の目安は何個くらいがちょうどいいのでしょうか?

 

先程マンゴー1個あたりの栄養素をご覧いただきましたが、今度は1・2歳児の一日に必要な栄養素を見てみましょう

 

厚生労働省によると1〜2歳児の一日に最適な栄養素は次のようになるそうです

oneday-nutrition画像:「スクスクのっぽくん」より

 

これを見る限りではマンゴーを1日に数個与えただけでは基準値を越えることはなく、栄養素的には問題なさそうです

 

注目すべきは『糖分』の危険性

cutting-mango

しかし、注目しておきたいのはマンゴーに含まれる『糖分』です

 

マンゴーはその甘さからもわかるように多くの糖分を含んでいます

 

その量は1個(195g)あたり30.42gあるとも言われています

 

これは1日に摂取すべき砂糖の量10g*1を大幅に超えていますし

こちらの計算方法で算出すると1〜2歳児に与えるべき1日の糖質摂取量の上限は135gと言う計算になります

 

これでも単純計算マンゴーのみ与えた場合で1日約4個で糖質過多になってしまいますし、

日常生活ではこの他に1日3食+おやつの時間を設けていたとするとこの量では完全にオーバーしてしまいます

 

もちろん果物ですので、精製された砂糖とは部類が違いますが、糖類を過剰に摂取することはその後の生活習慣病に影響があるばかりか、3歳児の段階で高脂肪・糖分過多の子供はその後の幼児期・児童期において知能指数(IQ)が低い傾向にあるという発表もあるそうです*2

 

つまりマンゴーの過剰摂取は

  • 味覚障害に繋がる可能性
  • 生活習慣病の影響
  • IQを低下させる可能性

を秘めていることが伺えます

 

そうまでして糖分(マンゴー)をたくさん摂取させる必要性はないでしょう

 

この段階でマンゴーのみ与えた場合で1日にトータル4個半与えると糖質過多で危険なことがわかります

 

計算によってマンゴーの1日に最適な量を割り出す

mango
先程の限度数は4個半と出ましたが、これはマンゴーのみを与えた場合での数です

 

ですから実生活でマンゴーのみ与えることは考えられないことを踏まえると実際にはどのくらいの量なら大丈夫なのでしょうか?

 

先程出てきた「1・2歳児の1日に必要な栄養素」から1日3食、1000カロリー与えるとして計算してみたいと思います

 

まずは主食であるごはんです

私たち大人が1食あたり食べるごはんの量が160gだと言われています

とすると3食で480gとなります

 

1・2歳児の子供の必要なカロリーから計算すると、約半分の量が必要となることから、ごはんは240gあれば良いこととなります

 

ここにごはんの160gあたりの栄養素が載っており、これによるとごはん160gあたりの炭水化物は59.36gだそうです

 

ごはんの糖質は炭水化物ー食物繊維で計算できますので(ごはんの食物繊維量は0.48g)

160gあたりの糖質はおおよそ59gとなります

 

ですのでごはん240gの時の糖質は計算によると88.5gということになります

 

さて、子供の1日の糖質限度が135gだということは先程述べました

 

ですのでここから88.5gを引いて46.5gになります

 

この時点でマンゴーは1日1.5個程度が限度となりそうですが

 

これに主菜・副菜・汁物が入ることになりますので、当然この数字ではより本質的な結果にはなりません

 

ですので、実際に1〜2歳児が食べる献立3食分を

 

https://www.mamastep.com/entry/2saitaberuryou

 

こちらのブログからお借りし、考えられる糖質をできるだけリアルに割り出し、その上で1日に与えていいマンゴーの量を調べてみたいと思います

 

(献立の実際の写真が見たい方は上記のブログをご覧ください)

 

1食目

・白ごはん(80gとした時、糖質約30g)

・サバのミリン干し(糖質0.5g)

・カボチャ塩煮(糖質約20g)

・ほうれん草と豆腐入りの卵焼き(糖質約2g)

・ブロッコリーと豆類のマヨ胡麻和え(糖質約1g)

・油揚げと大根のお味噌汁(糖質約3g)

 

1食目推定糖質56.5g

 

2食目

・手作りパン(食パンであれば1/6切れ60gで糖質26.8g)

・れんこんとごぼうの金平(糖質5g程度)

・ワカメと豆腐入りの卵焼き(糖質1g程度)

・鶏肉と人参、インゲンのロールハム(糖質0.5g)

・ブロッコリーと豆類の黒ゴマ和え(糖質1g程度)

・お魚ソーセージ入りのスープ(糖質推定6g)

・リンゴ(糖質9g)

 

2食目推定糖質49.3g

 

3食目

・白ごはん(80gとした時、糖質約30g)

・葉物野菜とタラの炒め物(糖質ほぼ無し)

・餃子の皮のチーズパリパリ焼き(糖質推定8g)

・カボチャの塩煮(糖質約20g)

・枝豆(糖質0.3g)

・ジャガイモのお味噌汁(糖質推定6g)

 

3食目推定糖質64.3g

 

一日の推定糖質170.1g

 

という結果となりました

 

これは計算で出した135gをオーバーした数字となっています

 

ですから、これにさらに糖質約30.42gのマンゴーを与えるとなると確実に糖質過多になってしまうこととなります

 

もちろん先程のメニューを子供が残さずすべて食べてくれるとは限らないので、これに多少の変動はありそうですが、大きく見積もってもー50g前後だとしても約120g。

 

マンゴー1個30.42gを与えるとすると150.42gとなり、これでも糖質過多になってしまいます

 

結果

1日3食バランス良く食事を与えている1〜2歳児ならばマンゴー1/2個で糖質過多になってしまう

 

1日にマンゴーは「半分(1/2)」が限度と思えばいいでしょう

 

 

それでも子供が欲しがる場合

cry

一日に必要な量はわかったのですが、子供が欲しがって駄々をこねる…とお困りの方もいらっしゃるかと思います

 

僕の家でも大変でした

 

マンゴーが視界に入ってしまうだけで、「マンゴー」「マンゴー」とマンゴーコールが始まり、与えずにいると声が大きくなってきたり、終いには泣き出してしまいます

 

これには親の僕もたまらず少しなら…と与えますが、今度は「もっともっと」コールが始まり、キリがありませんでした

 

もちろん端からマンゴーを買うことをやめれば良いのですが、もともと買ってきておいたものだったり、最悪ご飯を食べてくれない時の切り札として買っておいてありました

 

ですから、無くしてしまうことは難しかったのです

 

そこで考えた案が、皮に付けたままあげるということです

 

皮に付けたまま切り、それをかぶりつくように食べさせることで、「かぶりつく」という本能的な・動物的な行動をすることで脳が満足します。

 

さらに、食べた後に残る皮を視覚的に見ることで食べ終わった感が目で見て感じられるので、より満足してもらうことができます。

 

もし、お子様が駄々をこねてしまった時に実践してみてはいかがでしょう?

 

マンゴーの旬は?

mango-

さてマンゴーに旬はいつなのでしょうか?

 

マンゴーは4月〜7月の春から夏にかけてが旬だそうです。

 

さらに収穫のピークは6月頃で、沖縄のように6月〜8月頃にもよく取れる地方もあるそうです。

 

マンゴーのオーガニックはある?

マンゴーにオーガニックはあるのでしょうか?

 

加工食品ではあるものの有機マンゴーを使った商品はあるようです。

 

 

 

マンゴーの適切な保存方法

ご自宅でマンゴーを保管する際にはどんなことに気をつけなければならないのでしょうか

 

実はマンゴーにはいくつか適切な保存方法があります

 

マンゴーは常温保存がベター

マンゴーは周囲の温度が7度以下になると低温障害という現象を起こしてしまいます。

 

それによって追熟が行われなくなり、甘くなく柔らかくないまま、くたびれたマンゴーになってしまうそう。

 

ですので基本的には常温保存を心がけましょう。

 

追熟期間は5〜7日間くらいを目安にしましょう。

 

完熟のものは3日くらいが目安です。

 

マンゴーは新聞紙で包んで保存すること

マンゴーはとても柔らかくデリケートな果物です。

 

ですので、潰れたり温度変化が激しくならないようにするために新聞紙などで包んで保存すると良い状態で保存することができます。

 

丸ごとではなく切った状態のものは…

これまで説明したものはマンゴー丸ごとの話でした。

 

ですが、半分だけ切って残りの半分を保存したいという場合に限っては違います。

 

切ったマンゴーの保存のポイントとしてはとにかく「空気に触れさせない」こと!

 

空気酸化が1番の大敵です。

 

ですので、ビニール袋にいれる、ラップで包む、ジップロックに入れて密封状態にするなど、酸化を防いで冷蔵保存するようにしましょう。

 

とはいえ、できるだけ早く食べるようにし、最低でも1〜2日以内には食べきるようにしましょう。

 

完熟マンゴーは冷蔵保存で

「果物=冷蔵庫」

 

のイメージを持っている方は少なくないことでしょう。

 

もちろんそれは間違いありませんが、追熟の関係上、ことマンゴーに関しては完熟のものに限定しましょう。

 

その際は少し湿らせた新聞紙に包み、その上でビニール袋に入れ、野菜室へそっと入れましょう。

 

冷蔵保存とはいえすでに完熟している状態のため、5日くらいをめどに食べきるようにするのがベターです。

 

冷凍保存する方法と注意点

マンゴーは冷凍保存も可能ですよね。

 

冷凍保存するときは丸ごと入れてしまわずに、皮や種を取り除き適度な大きさにカットした状態でタッパーなどの入れ物に入れて冷凍しましょう。

 

とはいえ冷凍保存すると冷凍する過程で果肉の構造が壊れてしまい、元のジューシーで柔らかいあの食感はなくなってしまうものです。

 

冷凍保存した際は、シャーベットとして食べるか、ジュースなどに加工して食べることが一般的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

マンゴーには多くの栄養素が含まれ、大変体にいい果物ですが、

 

「果物だし、栄養価も高いから、あげちゃってもいいか」

 

なんていう考えで欲しがるままにあげてしまっては糖分過多になってしまいます

 

一日に最適な量を守って子供の体を考えた適切な量を与えるようにしましょう

 

今回のまとめとすると…

  • マンゴーはの糖質は一個あたり30.42gである
  • 糖分過多になってしまうとIQ低下などの様々な障害の危険性がある
  • 1日3食キチンと食べている1〜2歳児には与えても1日1/2個(半分)が限度
     

となります

 

甘くて美味しいマンゴーですが、正しい知識をもち必要な量を守って摂取するように親の私たちが注意しましょう

 

 

以上、「1歳・2歳の子供にマンゴーは1日何本まで与えてもいい?マンゴーの危険性」でした

 

最後までご覧いただきありがとうございました
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です